Wheesung

「愛した一人の女性」について

今日かなり前のになりますが、6月12日の「PICNIC LIVE」というやつの、質疑応答?部分を文字起こしして訳してみました。

PICNIC LIVE 소풍 : 휘성이 죽도록 사랑한 한 여자 / Wheesung / フィソンが愛した一人の女性

Q.「歌のほとんどが純愛ですが、実際のところ恋したらどういう男性なんですか?」

A.「私は20代の恋、20代の3分の2の恋愛と、20代の残りの恋愛とははっきりと違いますね
それ以前はものすごく純愛だった、すごい純愛、あまりにも純愛すぎて女性達の負担になっていて
だからそれ以降はちょっと悪い男?

(一同笑)

・・・来るものは拒まず、去る者は追わず。そんな感じで来ましたね。
それで私が変わらない歌詞の内容を書くのは、主人公が一人だからです。
そう、私がこういう若い年齢、20代前半に 5年付き合った人がいました。
全ての歌詞の主人公がほとんどその人の話。
今は子供を産んで幸せに暮らしています。

こういうことを言うのはなんですが、まあ、アイドルも熱愛を明らかにする時代なので
終わった恋愛のことをどうこういうのもあれですが
非常になんというか、死ぬほど愛していたんです。
あまりにも死ぬほど愛していたので、歌詞を削り出しても削り出しても削り出しても、書ける。
どれだけでも出てくるんです。」

なんで訳したかっていうと、リスニング教材にしたかったから。。コンサートのMCがわかるようになりたいんですTT。
やっぱ本人を教材にするのが一番じゃん?

音声はたくさんあるけど、リスニングの実力のない(全部ないけど)私にはハングル字幕ついてる発言は貴重。
それで文字にして訳して徹底的に聞き込もうと思ったら、、なんか萎えましたね。

萎えたっていうか切ないっていうか、さんざんぱら本でもインタビューでも言ってるいつもの話なんだけど、なんかすっごい切なそうに話すから私も伝染して切ない。

「今は子供を産んで幸せにしています」、、てか、そういう消息をどうやってつかんでるわけ、、連絡してるのかウワサなのか、、
今どこにいる人なのか、こういう発言や、次々出る歌を聞いてどう思うのか?聞いてもいないのか?その旦那は知っているのか・・・等
余計なお世話(笑)でも気になるからしょーがないやんね(笑)まー萎えてはそれがまたほっとけない。。くそー悪い男め!(笑)

語学教材は雑念の入らないやつにしないかんね。でもうりかす映像みたくて今日も勉強できない(笑)

↓よろしければクリックしてくださると、更新の励みになります
(カウントするだけで、個人情報の収集やシェアなどはいたしませんのでご安心ください。)
  • 読んだよ (2)
1