普段からずっと愚かしいことばかり書いて、内容もなく読む人も需要もあまりないこのブログ。何のために書いてるかというと、とりあえず吐き出したいためにやってます。フィミングアウトできてる少ない友達に話すこともあるのですが、、毎日ネタがつきることなく永遠に語れるんであまりウザいと迷惑かけると思うからひっそりとここで(笑)

真面目なことを書くと重くとてもきもいことになるんで自重してるんですが、今日はちょっと個人的なことを書いてみます。

今日9月28日が私がうりかすを好きになった記念日なのです。2011年のことで、今日で3周年となりました。浅い。

正確にいうと、もう少し前から前兆はあったと思うのですが、友達に「最近フィソンが気になる・・」とメッセージを送った明確な日付がその日だったので、この日を設定しました。

そんな感じで、、キンモクセイの香る頃になると、ふぃ落ちした頃のことを思い出しますね。。

好きになってすぐに軍隊入隊ということになって。。まだ好きになってる期間でシャバ?にいるときよりも軍隊にいるときのほうが長いという状態です。

ふぃそん自体のことは、結構前から知ってはいました、「With Meの主」として。でもたくさんいる韓国の歌の上手いかすの一人にすぎなかった。
ただとにかく、歌が強制的に心臓をざわつかせるというか、不思議な周波数を感じていました。なんか不安定になる。

決定的なふぃおちのきっかけはこの本です「それでも僕はing」

b-DSC02632

なんの経緯で見つけたのか今となっては忘れてしまいましたが、この本を知ったとき、これは、、、、私の人生を変えるッッッ!!という直感というか、台風のようなものが来たんです。

それまでハングルというものは、「面白い文字だなー、そのうち勉強してみたいなー」程度に思うだけだったのですが、、
光の速さで読み方を勉強し、基本文法の参考書を済ませて、この本を全訳しました。
ノートは21冊になりました。7か月ほどかかりました。

軍隊に入ってから、翻訳をはじめて、毎日見開き1ページ(計2ページ)ずつ訳していきました。
もちろんグーグル翻訳と当時あったNaver辞書という素晴らしい辞書の助けも借りて。
今よりもさらにずっと韓国語能力が不足してる状態なので、間違い・憶測で訳したことも多いのですが、ほぼ意味はわかりました。

本の内容についてはここでは書ききれないですが、、、(全訳したテキストがあるけどあげるといけないかなあ。。)まあとにかく取り憑かれるという表現がぴったりでしょうか。。
自己啓発本とはまた違う、、、ドキュメンタリー的な本。

普通こんなこと書いたら恥ずかしいのになあということまで、率直すぎるくらいぶっちゃけてるんです。、。

私はタレント本の類というのもあまり読んだことがない人間なので、もしかしたらこの人だけが特別というわけではないのかもしれませんが、とにかく理屈ではよくわからないのですが、狂ったような情念というか今まで出会ったことのない魅力を感じましたね。虜になりましたよ。韓国語でいうみちげったっていうまさにそんな感じな状態に。

普通に才能があって歌が上手い人だと思っていた固定観念をくつがえされて、努力と苦悩の結果だったんだと知って。。
まさに歌は彼のそういうバックグラウンドをそのまま反映させている作品だったんですね。

そういう小説のような伝記のような人が、現実に存在していて、まだ今「現在進行形」で活動している状態なんです。。さらにドラマもあり、苦悩もあり、絶賛連載中で、、
そんでこの男がまた人の心を揺さぶるんですわこれが。本人知ってか知らずか、、歌声はもちろんそうだし発言も行動も。。

好きになった頃によく聞いていた曲は「完璧な男」その頃の自分の認識と、歌詞の内容がシンクロ。

これはBest Manにも通じるよね、、彼は揺れ動くようでいつも一貫してる。

そうして好きになってから即座にすべてのアルバムと音源を買い、それから一日も欠かさず毎日今まで聴いています。
ランダムで流したり、プレイリストつくったり。。毎日探求?しても飽きることがないですよ。

最初は人間的な魅力、あまりにも人間くさいところに、自分も投影しつつ、尊敬しつつ、心配しつつ、、
それにしてもルックスは期待してなかったのになー(笑)最近は本当に素敵になってまるでアイドルのファンになったような感じ(笑)

実は、うりかすの入隊中、自分はちょっと命にかかわる病気になったんですよ、運よく、命拾いしたのですが、手術したことによって後遺症が残ってしまい。。
それまで自分は、かなり打ち込んできた大切な目標があったんですが、それが失われてしまったんですね。
今まだ私は次の道を見つけられないのですが、、、この人のおかげでかなり救われてる部分があるんです。この人にはまってるから見つけられないという部分もあるか(笑)

手術終わってすぐ、にとにかく傷みから気を紛らわすためにiPodでランダム再生して最初に出たのが「不治の病」だったのは笑いましたけどね(笑)

軍隊中も、ネガティブな発言連発だったうりかす、、姿を見ることができないのならもういっそ忘れないといけないのかなと思ったりもしたから、不朽に出たときの烙印はほんとに泣きましたよ。戻ってきたって。歌詞もなんか自分のこともふくめ身に詰まるものだったし。今思い出しても10秒で泣けますね(笑)

とにかく発病当時は、人生全部終わったと思ったんで、飛行機に乗って海外に行けるまで回復できるとも思ってなかったし。。それも含めて前回行けたときは観劇(笑)感激でしたよ。。私にとっては本の中、パソコンの中、二次元の人が立体的に現実世界に存在してたのを見れたわけですからね。友達の一人は私の書いた初演の感想記事みて泣いてくれたそうです(笑)(笑)

そんな感じだったので元気になった私をみて家族も大喜びで(笑)今更?韓流スターだろうがなんだろう(私の中では韓流スターっていうカテゴライズではないんだけど・・・)が大歓迎で応援(?)してくれてるわけです。残りの人生好きにすればいいと。病気にならなくたって何が起こるかわからない人生ですからね。
ただ、今度はあまりに頻度が多すぎて、、半年に3回韓国行くとか(笑)、そろそろいい加減にせぇよと言われはじめるかも・・・(苦笑)

この先、何周年を迎えられるかな?本人が一番大変だろうけど見てるこっちも心臓に悪いんで、どうか好き疲れしないようにしてもらいたいもんです(笑)

↓よろしければクリックしてくださると、更新の励みになります
(カウントするだけで、個人情報の収集やシェアなどはいたしませんのでご安心ください。)
  • 読んだよ (16)
0