Wheesung

【翻訳記事】フィソンの無実が明らかになった後も 無責任なエイミー

コリアタイムズの英語記事を翻訳しました。
なお、カッコ内は訳者の補足です。

https://www.koreatimes.co.kr/www/art/2019/04/398_267519.html

傍若無人に炎上する社交家エイミー

カン・ヒョンギョン記者

「ソーシャルメディアに噂をアップロードして騒動を引き起こし、誰かを犠牲にし、あとは投稿を削除するだけ。」

あるインターネットユーザーは、歌手でありプロデューサーであるフィソンが性暴行を計画したという誤った批判をした社交家エイミーの哀れな態度と、それを報道したテレビのパーソナリティーを非難した。

エイミーが主張するその計略には、警察や報道機関に彼女が(フィソンの薬物乱用を)話さないように脅迫するために、エイミーへの性暴行を録画する計画というものが含まれていた。

先週末、Realslow Entertainmentの創設者兼社長であるフィソンは、韓国国内最大のインターネットポータルサイトNaverで最も検索された名前となった。

それはフィソンがエイミーのインスタグラムの投稿に書かれていた人物(A君)が自分であることを明らかにしたため、”望まない検索ランキング一位”となったのだ。

彼はその投稿内容を否定し、無実を主張した。

フィソンは主張を裏付けるために、彼がエイミーおよび名前が明かされていない共通の友人である男性、それぞれとの通話が録音されたファイルをYoutubeにアップロードした。(4月19日)

その中には、エイミーが自分のしたことが間違っていたと認め、フィソンに許しを請う内容が録音されている。

泣くような声で、フィソンは自分が性犯罪者のように描かれていて、エイミーの無謀な行動が彼のキャリアを危険にさらしたと言った。

彼は予定されていたコンサートをキャンセルし、契約違反のために賠償金を支払わなければならないとも言った。

彼はエイミーに間違いを正すための措置をとるよう要求した。

「どうしたらいい?残りの人生をどうやって生きればいい?今後歌手として生きていけるのかわからない。」
フィソンはエイミーに彼のキャリアに対するダメージについて話した。

傷つけられた彼のイメージのため、彼の肩には重い経済的負担がのしかかったという。

フィソンはまた、フィソンとエイミーの共通の友人である男性との会話も公開した。この共通の友人はフィソンを擁護し、エイミーの言う性暴行の録画をする計画については何も聞いたことがないと言った。

エイミーは自分の無謀さを認め、「事を元に戻す」と誓ったが、その行動計画は明らかにしないままだった。

彼女はインスタグラムの投稿を削除した。しかし日曜日(4月21日)の時点で、彼女は間違ったことを正すための措置を一切講じていない。

事件について沈黙を保ったまま、彼女は自分の写真とともに「体重を減らして元に戻りましょう」という投稿だけをした。

これはインターネットユーザーの間から多くの批判を招いた。

エイミーバッシングは金曜日(フィソンが音声を公開した4月19日)からインターネット上で続いている。

インターネットユーザーの一人はこう言った「エイミー、あなたは他人のキャリアを破壊してからごめんなさいと言っている」
他の人はこうコメントした「幼稚なエイミーはフィソンの疫病神だ」
別の書き込みではエイミーを「甘やかされたがらくた」だと表現した。

何人もの人がエイミーの幼稚で無責任な態度の社交活動に眉をひそめた。

彼らは非難する。エイミーは噂を広め、人を犠牲にした。その告発が根拠のないものであることが判明した後でさえも後悔していない無責任な人間であると。

エイミーは2008年にOlive TVのリアリティ番組「Wicked Girl’s Diary」のシーズン3を通じてTVパーソナリティとしてデビューし、その豪華なライフスタイルは注目を集めた。
番組で彼女は、ソウルの優雅な漢南洞地区に住む家族の高級3階建ての家と、ヨーロッパのアンティーク家具や食器のコレクションを披露した。

ちょっとした注目を受けたにもかかわらず、ショービジネスにおける彼女のキャリアは、薬物乱用スキャンダルに悩まされ短命だった。

過去に、エイミーはフィソンが彼女のソウルメイトであり、二人は13年間の友達であったと話したことがある。

ところが先週、彼女はインスタグラムでその立場を突然変えた。

彼女はプロポフォールの注射を、当初X氏と表現されていたある歌手と一緒に注射したと主張した。彼女はその歌手と一緒に違法にゾルピデムも服用したと言った。
ゾルビデムは不眠症の短期治療のために使われる薬である。

エイミーが書いたのは、フィソンが過去の薬物乱用をエイミーに暴露されないように、エイミーを(暴力団に)性暴行させ、その録画を口止めの脅迫に使うということを、名前が明かされえていない共通の友人がエイミー話したというものである。

彼女は、一緒にドラッグを使って、自分はその罪の代価を払っているのに、フィソンのキャリアは変わらずテレビに出続けていると言う。

2012年に、エイミーは懲役8年執行猶予2年の判決を受けた。
彼女は2015年に禁止薬物ゾルピデムを違法に使用した容疑で、刑期が一時停止されたために強制送還された。

フィソンは、軍服務中の2013年にプロポフォールの違法使用の疑いで軍事捜査を受けたが、彼は治療のためにプロポフォールを使用したことを証明する診断書を提出している。


訳ここまで

↓よろしければクリックしてくださると、更新の励みになります
(カウントするだけで、個人情報の収集やシェアなどはいたしませんのでご安心ください。)
  • 読んだよ (23)
9