Wheesung

【翻訳記事】フィソン「虚偽事実の流布・人身攻撃言論・荒らしには法的対応をする」

OBS NAVERニュースの『週刊芸能法廷(4)フィソン「虚偽事実の流布・人身攻撃言論・荒らしには法的対応をする」』の翻訳です。
https://entertain.naver.com/read?oid=427&aid=0000033524

今後の法的措置と弁護士の見解が書かれています。

以下日本語訳


[OBS独特な芸能ニュース チョ・ヨンス記者]

歌手フィソンが虚偽事実の流布と個人攻撃をしたメディアと荒らしに対する法的対応を示唆した。

OBS独特な芸能ニュース(企画・演出・監修ユン・ギョンチョル、作家パク・ウンギョン・ギムヒョンソン)が、芸能界を熱くした事件事故を「週刊芸能法廷」を通じて法曹の視線で診断した。

結果的にエイミーはプロポフォール投与と性的暴行計画関連の内容を訂正するとして、フィソンに電話をかけ許しを求めた。

イ・ジェマン弁護士は「エイミーさんが直接事実ではないと肉声で語ったので、この録音記録はフィソンさんの主張を裏付ける重要な反論証拠とすることができます」と説明した。

その後エイミーは自分のSNSにある関連投稿をすべて削除した後、特別な立場を表明せずにいる状態である。
今回の騒乱でフィソン側は、5月に予定していたケイウィルとの合同コンサートもキャンセルするなど、甚大な被害を受けたことが分かった。

またフィソンは自身のSNSを介して虚偽事実の流布と個人攻撃をしたメディアと荒らしに対する法的対応を示唆した。

イ・ジェマン弁護士は「情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律では、名誉毀損罪で告訴したり、民事不法行為による損害賠償請求訴訟を提起することができます。
荒らしに謝罪の文を書くよう、または悪質な書き込みを削除するよう要求することもできます。」と伝えた。

ただしフィソンはエイミーへの法的対応は考慮していないことが分かった。

イ・ジェマン弁護士は「エイミーさんは、外国にいるので法的対応をしても法的手続きが進行しにくく、真実を明らかにするのが困難です。
また、エイミーさんと舌戦を繰り広げるのは、国内のフィソンさんのイメージだけが悪くなる恐れがあるため、既に肉声で謝罪したエイミーさんを相手にした法的対応は実益が少ないだろう」
と説明した。


訳ここまで

現在は、フィソンとファン側で、韓国での虚偽報道や荒らしの証拠を収集しまとめている最中です。
無責任にデマを吹聴した人たちは処罰されるべきだと思いますが、果たしてどれだけ罪に問うことができるのか。。
元凶であるエイミー氏を訴えることができないのがもどかしいです。

コンサートの賠償金やイベントキャンセルの対応にも忙しいのに、訴訟まで、名誉回復のために必要とはいえ、気の毒でしかありません。

何も望みません、今はただ、一日も早くフィソンが重荷から解放され、歌手フィソンに戻ってくれればそれだけでいい、それだけが望みです。

↓よろしければクリックしてくださると、更新の励みになります
(カウントするだけで、個人情報の収集やシェアなどはいたしませんのでご安心ください。)
  • 読んだよ (26)
11