Howto

ミュージカル鑑賞&出待ちマナーについて『All Shook UP 2016』フィソン

ミュージカルマナーのまとめページをつくりました。
最新・総合情報は↓以下のページをご覧ください。

2016062117255872
写真の下はこうなってたんだね。。

記事がでてました

[インタビュー]「オールシュクオプ」フィソン “第二の課題、今相手俳優が目に見えますね」:No.1文化新聞[ニュースカルチャー]
http://newsculture.heraldcorp.com/sub_read.html?uid=83501&section=sc169
自動翻訳しつつ心を整えつつ・・・

フィレンの管理人さんによる、ミュージカル観覧と出待ちのマナーについてです。
カフェはファンだけのクローズドの場なのですが、
この内容は出してもいい、大事なことだと思いますので、
フィレン独自の部分は出さないよう、訳して掲載させていただきます。

公開掲示板のフィゲルにも貼られてましたしね、、
http://gall.dcinside.com/board/view/?id=wheesung&no=399694

日本語訳は私です、不足した韓国語で、一部意訳しておりますが、ほぼ合ってるのではと思います。
あくまでご参考までにしてくださいませ。

今時間ないので><乱文あとで訂正します。

ソース(閲覧には入会&等級UPが必要です)
http://cafe.daum.net/wheesungland/F987/161593

フィソンさんは、2014年にミュージカル「Zorro」に続き、2作目で、「All Shook Up」に出演されますね。
フィソンさんの第二のミュージカルになれますが、新たにご覧になられる方、
また、ミュージカルを初めてご覧になる方もいらっしゃると思います。

フィソンさんとすべての皆様方の特別な思い出として長く残ることができるよう、
公演観覧時、熟知して厳守しなければならない事項のいくつかをご案内させていただきます。

すでにすべてご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、もう一度チェックして頂き、
成熟した公演観覧エチケットで、かっこいいフィビス様のより強固なフェンスになっていただければと思います~~ ^^

★ミュージカル公演観覧エチケット★

1.最低公演10分前までには、席に座ってください。

公演が始まってしまうと、ご本人の座席ではなく、後ろの遅延用観客席に案内を受けます。
指定された時間以外に入場が制限されるので、公演開始前に余裕をもって到着してください。

トイレも公演開始前余裕を持って事前に利用していただくセンス~~ ^^

また、前方に空席があっても、指定された席を超えて、勝手に行って座る行動もだめだめでございます^^

座席間の間隔が狭い場合が多いので、周りの人に迷惑にならないよう、大きな荷物等は、フロントデスクのクロークにお預けください。

2.公演開始前に携帯電話の電源は、必ず切ってください。

最も基本的な公演観覧エチケットです。

小さな振動音も騒音になることがあり、明るい液晶画面は、周辺の観客の方々の視野に障害になります。

俳優の方々の演技の集中にも影響を与えることがあるんです。
公演がすべて終わるまで携帯電話の電源はオフにしてください。

3.応援ツールの使用は、我慢してください!

ミュージカルはコンサートではないんですよ。^^
私たちのフィソンさんだけの公演ではなく、、

多数の俳優の方々が一緒にする公演ですので、応援ツール(応援タオル、プラカード、ペンライト、団体服など)の使用は、俳優の方々と周辺観覧客に違和感を与えることがあります。

応援ツールの使用は絶対にしないでくださいますよう、お願い申し上げます。

4.公演観覧の妨げになる姿はご遠慮ください。

周辺の観客の観覧の妨げになる恐れがある豪華なヘアスタイル、衣装などの姿をご遠慮ください。

5.カーテンコールを含めて公演中の撮影ができません。

一般的に、ミュージカルは、特に公知されない限り、カーテンコールを含む公演中の写真撮影、映像の録画、音源の録音は絶対に不可となります。

撮影と録音行為は著作権を侵害する明白な不法行為であることを熟知し、オンラインで不正な公開と共有は絶対にしないでください。

6.会場内、飲食物の持ち込みをしないでください。

会場内の食物摂取は、聴覚的、嗅覚的に周辺観客らの集中に妨害を与えます。

“水を含む”すべての飲食物の持ち込みは、絶対禁物です。

7.歓声、叫び声、隣の人との会話などの騒音はご遠慮ください。

公演中に静かな観覧態度を維持してください。

特定の俳優が出てくるときに歓声をあげるたり、俳優の名前を呼ぶ行為は、違和感を産むだけでなく、演技の集中が重要なミュージカルの特性上、すべて妨げとなる行為です。

また、隣の人との会話、擦れる音などの騒音も出ないように注意してください。

特にフィビス様が、他の俳優とスキンシップをするとき、叫ばないでください~~~ ^^
他の観客の没頭に大きな妨げになります。

8.公演中の前の座席を蹴ったり、体を曲げないでください。

公演中の前の座席を蹴っ蹴ったり、体を曲げたり(別名傾向姿勢^^)
座席を外れる行動は、周囲の観客の観覧の妨げになります。

9.カーテンコールタイムに、素晴らしいショーを見せてくれたすべての俳優の方々に惜しみない拍手と歓声をお願いします。

長い期間、毎回素敵な公演を演じてくださるすべての俳優の方々に、状況に応じて、曲が終わるたびに、そしてカーテンコール時に惜しみない拍手で歓呼してください。

このときも、特定​​の俳優の名前だけを連呼する行動は自制してください。

10.カーテンコール時に舞台前方へ行ってはいけません!

カーテンコール時にプレゼントを渡すため、握手をするために、ステージ前方に出て行くことは、全体の秩序が崩れる行為です。

今後も絶対、舞台の前に出ていかないでください。

☆仕事帰り(出待ち)の注意事項☆

昨日水原文化芸術の殿堂公演後、仕事帰りの現場におられた方であればご覧になった方もいると思いますが、
歌手様の車に近づきすぎた方が多くいらっしゃり、明らかに危険な瞬間がありました。

仕事帰りでフィソンさんがくださる挨拶や短い会話は、公式の義務ではなく、
公演後、歌手様を少しでもよく見ようと待たれるファンの方々のための、歌手様の小さな誠意とお気持ちの表われです。

その場が秩序ある雰囲気の中で、気持ちの良い挨拶を交わし完了したら、とても良いのですが、
ひとつでも事故が起こるような危険な状況をもたらした場合、
私たちは、永遠に歌手様の仕事帰りを見ることができなくなるかもしれないんです…ㅜㅜ

もちろん、今まで大多数のファンの方々は、成熟したマナーで秩序の維持に努めていただき、
大きな事故につながる場合はありませんでしたが、
何名か方の少し過剰な情熱に、あるいは本当にどうなるかわからないという状況があります。

お互いの眉をひそめるようなことがあれば、万に一つも危険な状況にさらされることのないよう
そっと呼びかけの言葉を差し上げてください。

1.フィソンさんとフィソンさんの車に安全な距離を保ってください。

安全距離は運転する側だけが守らなければならないのではありません。
車に近付きすぎてしまえば、当然危険になります。

特に人が多く集まっている状況であれば、なおさらそうです。

運転されるマネージャー様やフィソンさんもまた、
おそらく一番心配さている部分ではないかと思います。

安全い車両が抜けていくことができるよう、道を開けていただいて、
近くに移動したり、急に飛び出してくる行動は絶対に控えてください。

フィソンさんが車から乗る時や降りる時、ファンの方々との会話をされる場合にも、
安全な距離を維持するようお願いします。

むやみに手を伸ばしたり、スキンシップを試みることはしないでいただきたく、切にお願いいたします。

もちろん、そんなことがないと信じています~~ ^^

ファンの方がマナーと礼儀と秩序をよく守っていただければ、
歌手様のほうから先に近づいてきてくださいます。^^

2.開いているウィンドウの間に手を入れたり、物を投げ入れないでください。

開かれたドアの隙間の間に握手をしようとか、
プレゼントや花束などを投げ入れたり、窓をたたかないでください。

もちろん何かをプレゼントしようとされる方は、真心と愛情をこめて準備し、
直接お届けしたい気持ちはよくわかりますが、
車が動いている状況では、ともすれば事故につながる可能性のある危険な行為です。

必ず、贈り物などがありましたら
運営スタッフに事前にお任せいただければ、
マネージャー様を通って確実に安全にお届けいたします。

3.多くの人が集まっている場所でのサインや写真の要求は少し自制してください。

フィソンさんと直接写真を撮ったり、サインを受けることができる状況は
もちろん珍しいことではありません。

機会があれば誰でもサインや写真を要求したいのはもちろんです。

歌手様の立場でも、ファンの方々に良い贈り物をしたいのはやまやまですが…

一度はじめると、何人もの方がリクエストしたくなるものです。

そのような場合には、現実的にはすべての方へお応えするのは難しく、
また、特定のいくつかの方だけが、受けたりするのも困難ということはご存知の通りです。

多くの人が集まる場所では、私たちのほうから歌手様に対し、
もっと配慮して差し上げて欲しいです^^

4.現場にいるマネージャー様や警備員の方々の制御によく従ってください。

歌手様と最も多くの時間を過ごされ、誰よりも現場をよく知っておられるマネージャー様や
現場の警備員さまの制御にも応じていただければ、危険な状況は起こらないでしょう。

特に歌手様の車両が去っていった後は、、
現場統制に必ず応じていただけますようお願い申し上げます。

– 以上のいくつかの注意事項を申し上げてみました。

もちろん、皆様は、これまで秩序をよく維持していただいていましたが
昨日のような状況は少々危険に感じました。

すぐに「All Shook Up」初演を控えている状況で、
一昨年のゾロの仕事帰りの状況を振り返って見て、
フィソンさんはもちろん、私たちファンの安全のために
もう一度お読みいただくのも悪くないと思えて、こんなに文を書かせていただき。

私たちみんなが大好きなフィソンさんの立場で一度だけ、
よりよく考えて行動してくださった場合、もちろん危険なことは起こらないでしょう〜^^

長い文を読んでいただきありがとうございます。我々は、すべて「All Shook Up !!!

。。。ということです。

かすにむは、「フィソンのファンはマナーがいい」って言ってくださってるし
ゾロのときは、他の俳優さんも、フィゾロ回で「こんなに賞賛をうけたことがない」と感極まってくださってたし。
今回もいい公演になりますように!!!

はー緊張してきた。。。さっきまで大丈夫だったのにまた胃が痛い・・・

そろそろ、宿を出ます。>< 怖いよー

フィビスがうまくいくよう、お祈りよろしくお願いします、、オルシュカップ!

↓よろしければクリックしてくださると、更新の励みになります
(カウントするだけで、個人情報の収集やシェアなどはいたしませんのでご安心ください。)
  • 読んだよ (33)
2