フィソン2nd. mini『やつらが来る(놈들이 온다 )』到着しました

b-2011-10-16-10-39-05

入隊前の最後のアルバム。

b-2011-10-16-10-39-31

(この記事は、5年前を振り返って2016年9月に書いています)

10月10日韓国でリリース、6日で届いたことになります。

CDなんて買ったのは、久しぶり、本当に何年ぶりとかそのくらいぶりで久しぶり。
持っていたCDは全部処分して、一枚も持ってなかった。

ジャケに顔がないし、ブックレットの写真もあんまりないのが不満。
もっと写真集みたいのほしいのに。。

アイドルが、うらやましい。

『やつらが来る』簡単な感想

全編、弟子のエイリーちゃんのコーラスが入っている。

    1. Music
      かっこいいソウルフルな曲、ラップも聞ける。
      歌詞が、フィソンの人生観を歌っているようで胸にくる。
      軍隊に行っても、歌手として戻ってきてくれるという確信を感じさせてくれる。
    1. 놈들이 온다 (奴らが来る)
      自分自身のめちゃくちゃ辛い別れを歌ったとのこと、そういわれるとこっちもツライ(笑)
      歌詞もものすごく悲しい、PVも切ない、こういうのは歌だけにしてほしい。。
    1. UUU
      このアルバムのなかで私が一番好きな曲、ユーロビートチックの安っぽさがいい。
      私はこういうチャラく軽く愛を歌うフィソンが好きだ。
    1. OJ
      これまたタルダルな甘さ、甘~い。変な歌詞の曲。
      フィソンの本音?の性格が出てるかのように面白い。こういう実験的な曲もいいね。
    1. Oh Lonely
      レゲエ調の軽い曲。歌詞を見て私には「僕が軍隊に行っても忘れないで!」と言っているように思えた。
      エンディングロールが流れるっぽい曲調が切ない。

5曲と少ないけど、全て未発表曲で、全部の曲調が違ってさすがフィソンって感じ。

物を極力買わない私の、最初のコレクションになりました。
これが、ダムに開いた小さな穴、やがて決壊をするのであります。。。

タイトルとURLをコピーしました