まず夢の話から。

昨日、夢でまた歌手さんが出てきました。

コンサートなんですが、変わったコンサートです。夢の中でもコロナ対策なのか、歌手さんはガラス張りの向こう側で歌っています。

上野のパンダの展示みたいに(今や他の園がどうか知りません)観客は、列に並んで移動しながらガラスの向こう側の歌手さんを見ていくシステムです。立ち止まらないで。

歌は愛は美味しいを歌ってました。距離はかなり近いんです。ガラス隔てて目の前。

私の番が回ってきて前に来ます、歌いながら目が合いました。私は手を振ると、例の笑顔で軽く会釈してくれました、でも(誰だっけ?)みたいな反応でした。

そういうテンションなのかな今は?と思っていたら、私の横と言うか後ろの人の番になりました。その人は知ってる人です。でも友達ではない人。

その人と目が合ったら、歌手さんは、(おお~!)というぱぁっとした笑顔になってその人に手を振ったんです。

ああ、私のことは忘れられたんだな、ってその時思いました。
前は、私を見ると、くるっと向いて、おお~!って手を差し出してくれたのに・・・

と思ったところで夢は終わりです。

愛が冷めたのだからこの仕打ちは当たり前ですよね。夢ですけど。なんか悲しかったです。自分の夢だけど。

いつまで夢に出てくるんでしょうね。自分が夢に出してるわけですが。こころはまだ離れていない証拠ですね。

推しはとんと出てきません。全く意識してない別の俳優さんは出てきました。夢にみてからちょっとときめくようになりました(笑)

鬼滅の刃を見た話

映画がすごいことになってますが、映画館に行ったわけではありません。動画配信サービスを利用して、連載?というのかドラマ?のほうのアニメを全話見ました。

漫画原作は見てません。

なかなかに面白かったです。

ていうか、あのー、鬼滅の刃って、韓国映画もびっくりの残虐さなんですが・・・・。

自分はそんなにアニメを見るほうではありませんが、結構残虐なアニメも見てはいます。でもそれらは結構大人向けなアニメだったので、、

ただ、この漫画の本質は、残虐さを楽しむものじゃなく、主人公の優しさだとかか、けなげな努力とかそういうのを描いている作品ですね。

全部セリフで言っちゃうのも、テンポが良いと言いますか、漫画やヒーローもので必殺技とか解説をセリフでを言うノリっぽくて私は割と好きです。

敵の鬼も気持ち悪いんですが、最初から鬼だったわけではなく、ちゃんと心を寄せていることも描かれていたりして、教育上とてもよろしい感じなのでお母様方もお子様にに安心しておすすめしているのではないかと思います。

殺伐とした話なのにコメディっぽさもあって、それも韓国映画にちょっと似ています。

韓国映画も予告だけ見てグロイとか怖いで敬遠しないで、見てくれたらよいのになと思います。まあ無理にとは言いませんが。

で、鬼滅の刃ではどのキャラクターが一番好きかなと言われたら私は善逸(ぜんいつ)君ですね。

絶対死ぬわー怖いーいやだーと泣き言ばかりなのに決めるところできっちり決める子なんですが、あれ、誰かに似てるかな?(笑)

それで調べてみたらなんと、人気投票ではこの善逸君が一番人気なんですって。

私のくせに、一番人気が好きなんて意外でした(笑)(笑)

というわけで、私もたまには一番人気のキャラが好きになることもあるんだなとわかりました。

・・・ドラマは私のおじさんを見てて、明日最終回を見ます。また書きます。

↓よろしければクリックしてくださると、更新の励みになります
(カウントするだけで、個人情報の収集やシェアなどはいたしませんのでご安心ください。)
  • 読んだよ (20)
5